ショッピングカートを見る
rss atom
ホーム タマミジンコ休眠卵 タマミジンコ休眠卵
タマミジンコ休眠卵
以前から要望の高かったタマミジンコの休眠卵がこのたびやっと商品化に至りました。福岡の九州水生生物研究所で培養された純粋な淡水タマミジンコの休眠卵です。孵化させて直接魚に給餌できる他、種株として自家で増殖させることも可能です。

(規格、商品形態)
淡水タマミジンコ休眠卵

沈殿容量2mL
卵数40,000個
ふ化率(ふ化幼生数)約80%(約64,000個体)

(孵化方法)
1.小水槽やバケツなど10L程度の小容器に淡水を入れます。
2.小容器に小瓶のタマミジンコ休眠卵(約4万個)を入れます。
3.エアストーンを水中に吊し、卵が動かない程度の弱い通気をします。
4.水温を15〜25℃程度に保ちます。(必要に応じて電熱ヒーターとサーモをセットして下さい)
5.20℃では4日後位からふ化し始め、6日後までに殆どの卵がふ化します。
6.泳ぐふ化幼生が見え始めたら、クロレラなどの餌料を与えます。
7.ふ化幼生が増えたところで、幼生を水ごと培養水槽へ移します。

(保存方法)
1.休眠卵が入った小瓶がお手元に届きましたら、小瓶ごとすぐに冷蔵庫(家庭用で可)内に入れて、保存して下さい。
2.冷蔵庫内では長期保存可能ですが、1年間程度を目安として下さい。
3.ふ化の準備ができましたら冷蔵庫から取り出して、全部或いは一部の休眠卵をふ化用水の中に入れます。
4.残った休眠卵は、また小瓶ごと冷蔵庫内に保存できます。

・ 型番
moina macrocopa
・ 販売価格

6,480円(税込)

・ 購入数